エンジニアBlog

FPGA

DE0-Nanoボードで、SDRAMコントローラを使ってNiosからリード・ライトしてみる ソフトウェア編

ハードウェア編の記事で、SDRAMコントローラやniosなどをPlatform Designerを使って実装し、DE0-NanoのFPGAに書き込みました。 今回は、Nios II Software Buil...
FPGA

DE0-Nanoボードで、SDRAMコントローラを使ってNiosからリード・ライトしてみる ハードウェア編

FPGAボードであるTerasic社のDE0-Nanoを使っていろいろ遊んでいますが、今回はNiosからSDRAMへのリードとライトに挑戦してみました。 DE0-Nanoには、ISSI社の256-MBIT SYNCHRO...
FT232H

Visual Basic 2019で、FT232HLの汎用出力を使ってみる

前のブログで、FTDI社のホームページからダウンロードしたサンプルプログラムを使って、Visual Basic 2019でFTD2XX.DLLを使ってみました。 今回もFTD2XX.D...
スポンサーリンク
FT232H

第2回 Visual Basic 2019で、FTD2XX.DLL利用に挑戦してみる

「第1回 Visual Basic 2019で、FTD2XX.DLL利用に挑戦してみる」では、FTDI社のホームページから、Visual Basic 2019でFTD2XX.DLLを使ったUARTのサンプルプログラムをダウンロ...
FT232H

第1回 Visual Basic 2019で、FTD2XX.DLL利用に挑戦してみる

以前、秋月電子でFTDI社のFT232HLを実装した、"FT232HL ハイスピードUSBシリアル変換モジュール"を購入しました。 目的は、FPGA内のniosとパソコンでUART通信をさせるためです。 関連記事 ...
FPGA

ModelSim-Alteraを使ってFPGAのシミュレーションをしてみる

これまでQuartusで設計したFPGAのシミュレーションは、"University Program VWF"を使ってました。 関連記事 Quartus入門 これはこれで使いやすいのですが、やはりModelSimでテス...
FPGA

【Cソースコード修正】DE0-Nanoで、NiosとI2CのIPを使ってEEPROMにアクセスする

前回、QuartusのPlatform Designerで、NiosとI2CのIP実装してDE0-NanoのEEPROMにアクセスしてみました。 EEPROMへのリード・ライトはできたのものの、リードの動作が不安定でusleep()...
FPGA

DE0-Nanoで、NiosとI2CのIPを使ってEEPROMにアクセスする

前回、3線式SPIのIPを使い、DE0-Nanoに実装されている3軸加速度センサーADXL345にNiosからアクセスしてみました。 今回は、同じくDE0-Nanoに実装されている、EEPROM 24LC02Bを使ってみ...
FPGA

DE0-Nanoで、Niosから加速度センサーADXL345にアクセスする

FPGAボードのDE0-Nanoには、アナログデバイス社製の3軸加速度センサーADXL345が実装されています。 今回はNiosから加速度センサーADXL345のデータを読み取り、コンソールウインドウに表示させてみたいと思います。 ...
FPGA

Quartusを使って、FPGAで除算をやってみる

FPGAで割り算をやる機会はないのですが、そもそもFPGAで除算ができるのか調べてみました。 VHDLの参考書で確認したところ、分母が2のべき乗であればできるとのこと。 ということで、本当にできるかQuartusを使って調べて...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました