USB-シリアル変換モジュールFT232HLでシリアル通信してみる

FT232H
スポンサーリンク

FT232HLモジュールを購入

パソコンと何かでシリアル通信をやってみたいので、とりあえず秋月電子でFT232HLモジュールを購入してみました。

購入したのは、以下の画像のモジュールです。

FTDI社のFT232HというICが実装されています。

基板にはUSBコネクタ(mini-B)が実装されていて、このコネクタとパソコンを接続します。

参考までに、購入した商品のweb siteはこちらです。

デバイスドライバのダウンロード

モジュールをパソコンに接続しても、デバイスドライバは自動でダウンロードしてくれないので、FTDI社のホームページからダウンロードします。

まずは、FTDI社のホームページに行き、Drivers -> VCP Driversを選択します。

次に、setup executableをクリックしてダウンロードします。

ダウンロードが終わると、”CDM21228_Setup”というzipファイルが保存されます。

zipを解凍すると、”CDM21228_Setup”というフォルダが生成されて、フォルダの中に”CDM21228_Setup”というアプリケーションが入っていました。

“CDM21228_Setup”のアプリケーションを実行します。

以下の画面が表示されましたが、”インストールする”を選択しました。

次は以下の画像が表示され、”Extract”をクリックしました。

インストールウィザードの画面が表示されたので、”次へ”を選択しました。

使用許諾契約に同意して、”次へ”を選択しました。

インストールが完了しました。

パソコンとモジュールを接続

モジュールが認識されない!

デバイスドライバのインストールが完了したので、パソコンとモジュールをUSBケーブルで接続します。

が、モジュールが認識されない。。。

モジュールが認識されれば、デバイスマネージャにCOMポートが見えるはずですが、何も表示されない。。。


セキュリティ設定を変えてみたり、

“管理者として実行”してみたり、

しましたが、ダメです。。。認識されません。。。

モジュールが認識されなかった原因は

モジュールを認識してくれないので、もう一度マニュアルを読んでみたら、こんな記載が。

なんと、”JP3″というジャンパーピンをショートさせないと、USBバスから給電されないと!

と言う訳で、”JP3″をショートさせたらCOM3として無事に認識されました。。。

シリアル通信チェック

無事にモジュールが認識されたので、シリアル通信チェックです。

チェックと言っても、通信相手がいなかったので、モジュールのTXDとRXDをショートさせて、送信したデータが読み込みるかをチェックしました。

チェックの結果、問題なく読み込めていることを確認できました。

あとは、通信相手ができたらまたシリアル通信を試してみたいと思います。

それと、このモジュールは設定を変えることで、JTAG、SPI、I2C、Bit-bangも使えるとのことなので、いずれ試してみたいと思います。(Bit-bangって何か知らないのですが。。。)

関連記事 FT232HLを使って、パソコンとNiosでシリアル通信

タイトルとURLをコピーしました