第1回 Visual Basic 2019で、FTD2XX.DLL利用に挑戦してみる

FT232H

以前、秋月電子でFTDI社のFT232HLを実装した、”FT232HL ハイスピードUSBシリアル変換モジュール“を購入しました。

目的は、FPGA内のniosとパソコンでUART通信をさせるためです。

関連記事 FT232HLを使って、パソコンとNiosでシリアル通信 送信バッファのステータスチェック
関連記事 FT232HLを使って、パソコンとNiosでシリアル通信

この時のFT232HLのデバイスドライバは、VCP(Virtual COM Port)というものを使っていました。

しかし、VCP以外にFTD2XX.DLLを使うという方法もあるようです。

D2XX Programmer’s Guide“によると、

The D2XX interface provides special functions that are not available in standard operating system COM port APIs, such as setting the device into a different mode or writing data into the device EEPROM.

ということで、FTD2XX.DLLを使った方が、使える機能が増えるようです。

ソフトウェア・アプリケーション開発は初心者ですが、今回は勉強のために、Visual Basic 2019(VB.netとも呼ぶのかな???)でFTD2XX.DLLを使ったUART(RS232)通信に挑戦してみました。

UART(RS232)通信と言っても、FT232HのTXDとRXDをショートさせ、送ったデータが読み込めるか試しただけです。

※初心者のため、使っている用語や内容が間違っているかもしれませんが、ご了承ください。

スポンサーリンク

FTD2XX.DLLの入手

まずはFTDI社のホームページからFTD2XX.DLLを入手します。

私はこのdllファイルをダウンロードした記憶はないのですが、すでにパソコン内に存在していました。

VCPのデバイスドライバをインストールしたときに、一緒にダウンロードされたのかもしれません。

ハードウェア

上にも書きましたが、今回はFT232HのTXDとRXDをショートさせただけです。

アプリケーション開発環境

アプリ開発にはMicrosoft Visual Studio Community 2019で、プログラミング言語はVisual Basicです。

このVisual Basicの正式名称は、Visual Basic 2019でしょうか?Visual Basic .NET 2019でしょうか?

単純にVB.NETと言えば通じるものなのでしょうか???

素人なので、この辺も良く理解できていないです。

作って覚えるVisual Basic 2019 デスクトップアプリ入門

新品価格
¥2,860から
(2020/11/4 10:26時点)

Visual Basic 2019パーフェクトマスター

新品価格
¥2,970から
(2020/11/4 10:27時点)

RS232通信用アプリケーションのベース

通信用のアプリ開発は、イチからの開発ではなく、FTDI社のホームページにあったサンプルプログラムを使わせてもらいました。

サンプルプログラムを使ったら勉強にならないかも?と思いつつ、dllを使うのは初めてなので、とりあえず利用させてもらいました。

サンプルプログラムは、FTDI社のホームページにあった、Example4です。

これをクリックすると、”ftdi_vb_net.zip”というファイルがダウンロードされると思います。

サンプルプログラムを開く

“ftdi_vb_net.zip”の解凍したら、早速Visual Studioで開いてみます。

以下のメッセージや警告が出ましたが、とりあえず無視してOKボタンをクリックしていきました。

以下のウインドウが表示されたら、メニューの表示 -> ソリューションエクスプローラーを選択します。

するとソリューションエクスプローラーが表示され、いろいろと表示されています。詳しいことはわかりませんが、とりあえずサンプルプログラムは読み込めたようです。

読み込みができたので、ビルドしてみます。

メニューのビルド -> ソリューションのビルドを選択します。

しかし、そんな簡単に成功する訳なく、warningが多数でます。

warningの内容は、ほとんどが”As’ 句のない変数宣言です。Object 型と見なされます。“というものでした。

ただ、errorではなく、warningなので、もしかしたら動くかも?と、実行してみました。

実行した結果、上の画像までは表示されましたが、”Click here to run“ボタンを押したところでエラーが出て止まってしまいました。

‘DLL ‘C:\WINNT\System32\FTD2XX.DLL’ を読み込めません:指定されたモジュールが見つかりません。

という内容で、dllファイルを読み込めていないようです。

やっぱりソースコードの修正が必要なようです。

ということで、次回、ソースコードを修正してみます。

まずは、エラーメッセージに表示されているFTD2.DLLが存在するパスが違っているようなので、そこから修正してみます。

タイトルとURLをコピーしました