DCS World無料版で、着陸に挑戦してみる

Fighter Pilot

前回は、Su-25Tを使って、エンジン始動からの離陸をやってみました。(あと、味方機への攻撃も。。。)

今回はSu-25Tを使って、着陸に挑戦してみます。

どのフライトシミュレーションゲームでも着陸は難しいですが、DCS Worldも難しかったです。

スポンサーリンク

トレーニングメニューからLanding – Easyを選択

着陸のトレーニングには、“Easy”“Difficult”の2種類があります。

Easyは何回か着陸に成功したのですが、Difficultは一度も成功したことがありません。

Difficultは夜間の着陸で、何も見えず、どうやったら成功するのかまだ謎です。

今回は、“Landing – Easy”を選択します。

ブリーフィング

着陸の練習ですが、滑走路へ進入する直前からの訓練開始ではありません。

詳細は分かっていませんが、“waypoint”と呼ばれるポイントを通過して滑走路に向かいます。

waypoint 0 -> 1 -> 2 -> 3を通過して滑走路に進入です。

着陸前には、エアーブレーキ、フラップ、ギアダウン、スピード調整の操作を行います。

着陸した後には、ブレーキとパラシュート(ドラッグシュート)で機体を停止させます。

マップを確認

飛行が始まったら、まずマップを確認してみます。

私の知る限り、マップには2種類あります。

Kneeboard glance view

Kキーを押すと“Kneeboard glance view”というのが見れます。

“Knee”といってるので、パイロットが膝に付けているマップという感じでしょうか???

Kキーを押している間、画面の左にマップが表示されます。

ここに⓪、①、②とあるので、これが“waypoint”を示しているのかもしれません。

“右shiftキー + Kキー”で、このマップが固定されます。

その状態で、“[キー”“]キー”を押すと、いろいろな情報が見えるようです。

情報の使い方は、まだわかっていませんが。。。

F10 Theater map view

F10キーを押すと、以下のようなマップが見れます。

こちらのマップは、拡大・縮小、スクロールができるのですが、“waypoint”が表示されません。これも表示させる方法があるのかな???

マップの使い方はまだわかっていません。

ちなみに、滑走路部分を拡大すると、以下のような感じに見えます。

トレーニング開始

トレーニングを開始すると、まずは英語の音声と文字で操作方法やミッションの説明を受けます。

何度も見聞ききして、もうわかっている場合には、“左ctrlキー + Zキー”で早送りしてしまいましょう。このキーを押すたびに、再生速度は速くなります。

再生速度を元に戻すのは、“左shiftキー + Zキー”です。

説明が終わり、フライトが開始されると、HUD(Heads Up Display)に丸印が表示されます。

この矢印が、waypointへの方向を示してくれています。

丸印が十字の真ん中にくるように、機体を操作します。

右に行ったり左に行ったり、上に行ったり下に行ったりと、かなり忙しい操縦が必要です。

操縦が難しい、面倒臭い、早く着陸の練習がしたい、という場合には“Aキー”を押してAutopilot機能が良いと思います。自動操縦で空港の手前まで連れて行ってくれます。

自動操縦モードになると、計器に青いランプが点灯します。

もう一度、”Aキー”を押せば、自動操縦が解除されます。

自動操縦にはいくつか種類があるようですが、違いがよくわかっていません。

空港が見えてきたら、着陸態勢に入ります。

フラップ、ギアダウン、エアーブレーキ、スロットルコントロールで着陸準備です。

タッチダウン

空港が近づくと、waypointが17になり、”L”を逆さまにしたようなマーク(ロシア語?)が表示されます。

それと、HUDには元々あった丸印に加え、小さい丸印も表示されます。

ここも良く理解できていないのですが、今度は、この小さい丸が十字の中心にくるようにします。

ここまで来たら、最終着陸態勢に入り、タッチダウンです。

着陸失敗 その1

滑走路にタッチダウンした瞬間です。

その後、、、

タイヤがバーストし、機体が制御不能になり、ドリフトしてしまいました。

パイロットは無事ですが、滑走路を塞いでしまいました。。。

着陸失敗 その2

今回はバーストせずにタッチダウンです。

“Pキー”を押して、パラシュート(ドラッグシュート)も無事に開き、機体も停止しました。

もう一度”Pキー”を押してドラッグシュートを切り離し、駐機スペースに向かいます。(ミッションではここまで要求されていませんが)

駐機スペースに向かうため、機体を移動させていると何か変です。

機体がまっすぐ進みません。

なので機体をチェックしてみました。

なんとエアーブレーキが壊れています。

左と右の主翼で、エアーブレーキの開き具合が違っています。

“Bキー”を押してエアーブレーキを閉じようとしましたが、動きません。

どこかで壊してしまったようです。

どこで壊したのか、リプレイで検証してみます。

原因はタッチダウン時のふらつきでした。

ラダー操作が急すぎたのか、機体が右に傾き、左車輪は浮き、右主翼のエアーブレーキを損傷してしまったようです。

また、着陸失敗です。。。

着陸成功

慎重に滑走路に近づきます。

今度はタッチダウン成功!

ドラッグシュートも開き、無事に停止です。

ここでミッションは終了ですが、駐機場に移動しろと無線が入ったので、空いているスペースに向かいます。

着陸に成功したので、ルンルン気分で空いている駐機スペースに向かいます。

その途中に、輸送機やヘリコプターなどが駐機してあるのがカッコいいです。

最後は、駐機スペースに止め、キャノピーを開けてミッション完了です。

トップガン (字幕版)

新品価格
¥299から
(2020/9/18 22:04時点)

おまけ:増槽の廃棄

着陸トレーニング用の機体には、増槽(燃料タンク)が付いています。

このタンクを廃棄してみたいと思います。

廃棄するのは、“左altキー + Rキー”です。

タンクが落下していきました。

すると、当然燃料は少なくなります。

下の画像の赤枠内が燃料計だと思うのですが、タンクを投棄した後は、白いバーが短くなりました。

こっちの方が機体が軽くなって操縦しやすくなるのかな???

今度試してみます。

まとめ

未だに着陸成功率は20%~30%です。

スピードコントロールと、降下角度が難しいです。

だいたい、タイヤのバースト、ドリフト、横転させてしまいます。

Landing – Difficultに成功するのは、まだまだ先になりそうです。

AirFighters Pro

新品価格
¥500から
(2020/9/18 22:07時点)

タイトルとURLをコピーしました