NiosのプログラムをFPGAに書き込む

FPGA

Nios II Software Build Tools for Eclipseを使って、Niosで動かすプログラムを作ってきましたが、今回はそのプログラムをFPGAに書き込んでみたいと思います。

関連記事 第2回 NiosにUART(RS-232 Serial Port)を実装してみる
関連記事 第3回 Nios IIで遊ぼう Nios II Software Build Tools for Eclipse編
関連記事 FT232HLを使って、パソコンとNiosでシリアル通信

スポンサーリンク

.qipファイルの作成

EclipseでNiosで動かすプログラムが完成したら、そのプログラムをFPGAに書き込みます。

マイコンのプログラムをROMに書き込むイメージですね。

FPGAへの書き込みには、まずEclipseで.qipファイルを作成します。

EclipseのProject Explorer、soft_testを右クリックします。
(soft_testの名称は人ぞれぞれになっていると思います)

Make Targets -> Buildを選択すると、以下のウインドウが表示されます。

mem_init_generateを選択し、Buildをクリックします。

すると、Niosのソフトウェアが保存されたフォルダに”meminit.qip”というファイルが生成されます。

これでEclipseでの作業は終了で、次はQuartusの作業に移ります。

FPGA書き込みファイルの生成

Quartusを開いたら、先ほど作成したmeminit.qipファイルをプロジェクトに追加します。

メニューのProjectからAdd/Remove Files in Projectを選択します。

以下のウインドウが開いたら、赤枠をクリックします。

以下のファイル選択ウインドウが開いたら、meminit.qipを選択し、”開く”をクリックします。

これで、以下のようにmeminit.qipがプロジェクトに追加されたので、OKをクリックします。

プロジェクトに追加が終わったら、コンパイルをします。

コンパイルに成功したら、書き込みファイルの生成完了です。

FPGAへの書き込み

FPGAへの書き込みは、以下の赤枠をクリックして行います。

書き込みの詳細は、過去に記事にしているので、こちらをご参照ください。

これで書き込みも完了ですが、書き込み先はRAMなので、FPGAの電源を切ったらせっかく書き込んだデータも消えてしまいます。

データを保持させるためにはROM(コンフィギュレーションデバイス)への書き込みが必要ですが、詳細はこちらの過去記事をご参照ください。

まとめ

これでDE0-Nanoボードに電源供給すれば、Niosを実装したFPGAが動作しそうです。

DE0-Nanoは電池からも電源供給できるそうなので、そしたらパソコンからUSBで電源供給する必要もなさそう。

そうなったら、DE0-Nanoとパソコンで無線通信させたくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました