PSpiceで電圧源や電流源に任意波形を出力させる

PSpice

関連記事 LTspiceの記事一覧

関連記事 PSpiceの記事一覧

以前、LTspiceの電圧源で任意波形を出力させる方法を記事にしました。

今回は、LTspiceではなく、PSpiceを使って任意波形を出力させてみたいと思います。

PSpiceの関連記事
Windows10でもPSpiceのデモ版が動いた話
PSpiceで電力値をシミュレーション

電子回路シミュレータPSpice入門編?電子回路の動作をパソコンで疑似体験! (ツール活用シリーズ)

新品価格
¥1,980から
(2020/5/20 21:45時点)

スポンサーリンク

エクセルで任意波形を生成

まずは出力させたい任意波形のデータ作成です。

任意波形のデータは、エクセル等でcsvデータを作成しても良いですし、オシロスコープで採取した波形データをcsv形式で保存したものを使っても良いです。

この記事では、LTspiceの時に作成したデータを流用したいと思います。

詳細はLTspiceの時の記事を参照してください。
簡単に説明すると、1kHzと3kHzと5kHzのサイン波を足し合わせた波形を使っています。
sin(2 * π * f) + sin(2 * π * 3f) + sin(2 * π * 5f)
(f=1kHz)

この式をエクセルでグラフ化すると以下の画像になります。

電圧源の選択と配置

任意波形のデータが準備できたら、OrCADでシミュレーション用の回路を作成します。

まず、任意波形出力用の電圧源を選択します。
任意波形出力用の電圧源は、”VPWL_FILE”です。

VPWL_FILEを選択したら、回路図に配置します。

任意波形のデータを選択

電圧源を配置したら、出力させたい任意波形のデータを読み込ませます。

読み込ませ方は、まず、<FILE>をダブルクリックします。

Display Propertiesというウインドウが開くので、”Value”の欄に任意波形のデータが保存されている場所のパスとファイル名を入力します。

入力が終わったらOKをクリックします。

すると、<FILE>の表示がパス・ファイル名に変更されます。

これで出力させたい任意波形のデータを読み込ませは完了です。

あとは、抵抗とグランドを配置し、配線をして回路作成は完了です。

シミュレーションの実行結果

これでシミュレーションを実行します。

以下が、実行結果です。

無事にエクセルと同じ結果が得られました。

電流源でも試してみる

電圧源で任意波形が出力できたので、電流源でも試してみたいと思います。

電流源の場合は、”IPWL_FILE”を選択します。

あとは、電圧源の場合と同じです。

電流源でも任意波形の出力が確認できました。

まとめ

PSpiceで任意波形を出力させてみましたが、やり方はLTspiceと同じという印象です。

今回つまずいたのはファイルの保存場所の指定で、パスに日本語が入ってるとダメなようです。

次はFFTの機能も使ってみたいと思います。

関連記事 LTspiceの記事一覧

関連記事 PSpiceの記事一覧

電子回路シミュレータPSpice入門編?電子回路の動作をパソコンで疑似体験! (ツール活用シリーズ)

新品価格
¥1,980から
(2020/5/20 21:45時点)

電子回路シミュレータPSpiceリファレンス・ブック?信号源の詳細設定からモデル作成入門まで (ツール活用シリーズ)

新品価格
¥11,578から
(2020/5/20 21:47時点)

電子回路シミュレータPSpiceによるOPアンプ回路設計?動作を確認しながら学ぶ定番回路とそのひと工夫 (ツール活用シリーズ)

新品価格
¥3,080から
(2020/5/20 21:47時点)

オーディオ・パワーアンプのPSpiceによるシミューレーション

新品価格
¥118から
(2020/5/20 21:48時点)

タイトルとURLをコピーしました